BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ヘアケア
  4. プレックス系トリートメントとは?

プレックス系トリートメントとは?

酸熱トリートメントなどの髪質改善トリートメントとともに美容業界でも注目度の高いプレックス系トリートメントについて今回は解説したいと思います。

ここ数年、ハイトーンカラーや外国人風カラーなどのブリーチ剤を使って再現するデザインカラーはとても人気があります。

ですがブリーチ剤を使うわけですから、ハイダメージヘアにもなりがちなのが問題です。

ブリーチだけに限らずヘアカラー、パーマ、縮毛矯正にも言えることですが、薬剤によるダメージの原因は「髪の毛の酸化」によるところが大きく、髪の毛が酸化するとシステイン酸というものが出来てしまいます。

システイン酸が増えると毛髪の強度が低下し、親水性になるのでダメージの進行が速くなります。

ブリーチ施術では特に髪の毛の酸化が顕著で、プレックス系トリートメントにはジカルボン酸やマレイン酸といった酸化によるダメージを軽減させる成分を配合することでカバーしています。

当店でもブリーチ剤を使う場合はもちろん、カラーや縮毛矯正でもプレックス系トリートメントを使いますが、ダメージ具合(強度低下率)がかなり違います。

特にハイダメージの方やハイトーンカラー、ブリーチをされる方はプレックス系トリートメントは必須ともいえるので、そのような方はプレックス系トリートメントを扱っているサロンでされることをおすすめします◎

またプレックス系トリートメントは業界ではプレックス剤とも呼ばれており、PPTやCMCといった前処理剤と同じようにブリーチ剤などの薬剤塗布前に髪全体に塗布したり、薬剤に混ぜて使ったりするのでシステムトリートメントとは少し違います。

関連記事

カテゴリー