BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ヘアケア
  4. 髪を乾かさないで寝るのがダメな5つの理由

髪を乾かさないで寝るのがダメな5つの理由

髪を乾かさないで濡れたまま寝てしまうのは良くないと美容師さんに1度は言われた事はありませんか?

今回は髪を乾かさないで寝るのがなぜいけないのかをお伝えしていきます。

雑菌が繁殖しやすくなる

頭皮に適度な湿度と温度がある状態は雑菌が繁殖しやすく、フケやかゆみ、抜け毛、悪臭の原因になることがあります。

さまざまな頭皮トラブルの原因になるので頭皮と髪の毛の根元は念入りに乾かしましょう。

髪が痛む

髪の毛は濡れると髪の毛表面のキューティクルが開いた状態になり、とても傷みやすくなります。

就寝中、髪の毛同士がこすれ合う時にキューティクルが開いた状態ときちんと乾かして閉じた状態では開いた状態の方がダメージが大きくなります。

ヘアカラーが色落ちする

ヘアカラーの染料は毛髪内部に定着します。

キューティクルが開いた状態は毛髪内部に定着している染料が抜けてしまいやすい状態と言えるのでヘアカラーの褪色が進んでしまい、色落ちにつながります。

寝ぐせがつきやすくなる

髪の毛は濡れている状態だと水素結合という結合が切れ、形状が変化しやすくなります。

形状が変化しやすい状態で寝返りをうったり、体が動いたりしてしまうと寝ぐせがついたりしてしまいます。

朝のスタイリングも大変になってしまうのできちんと乾かす必要があります。

頭痛や風邪になる

髪を乾かさず頭皮が濡れたままでは頭皮の温度も下がり、血流やリンパの流れも悪くなります。

血流やリンパ液の流れが悪くなってしまうと免疫力が落ちたり、老廃物がたまったりしてしまい、疲労感も残りやすくなるので、頭痛や肩こり、風邪などの体調不良にもつながってしまいます。


髪を乾かさずに濡れたまま寝るのがなぜいけないのかお伝えさせて頂きました。

髪が長い方、量が多い方は髪を乾かすのが大変ではありますが、しっかりとタオルで水気を取り、風量がたっぷりあり速乾性の高いタイプのドライヤーを使ってなるべくきちんと乾かして頂ければと思います◎

関連記事

カテゴリー